催促メールがしつこい時には?

うつのまんま仕事をこなす技術

うつ病を抱えたまま働く人のための仕事術を、1日1個身につけられるワークブック。


Day9.催促メールがしつこい時には?

~催促メールがしつこい時には?~
 
今回は、Day8の
『電話で返信、メールで履歴』
応用編です。

Day8では、
こちらから確認をしたい場合を
想定した電話&メール術でしたよね。

今回は、逆に、
相手から確認される場合に
使える電話&メール術です。

特に、メールやメッセンジャー等で
やたら確認や催促をしてくる人を
たしなめたい時にオススメの技術です。

やっぱり、
むやみに確認や催促されるのって、
心に負担かかりますからね・・・。

さて、色々な方に
話をうかがってみると。

実は、うつ病じゃない人でも
電話が苦手な人って結構多いですよね。

相手の顔が見えない中で
直接会話することが
難しいと感じるからでしょうか。

だからこんなにも、
メールが流行したのかもしれませんね。

同じ部署内でも、同じ家の中でも、
メールでやりとりすることも
当たり前の時代になりました。

ということは。

メールで相手が催促してきた内容に
電話で返事をしたらどうなるでしょうか。

メールで済むはずが、
電話をかけてくるなんて
よほどのことだろうと思いますよね。

相手の人にとっては、
メールで返事がくると
思っていたところに、
いきなり電話がかかってくるわけです。

少しドギマギしながら対応するため、
何となくこちらが優位に立って話ができます。

だから、
あなたがもし電話が苦手でも、
気持ちに余裕をもって相手と話すことができますよ。

やたらと確認や催促をする人から
メールやメッセンジャーが来た時。

メールで事情を説明すると
5行くらいになりそうだなと思ったら、
すぐ電話をしてしまいましょう。

メール上で
議論になってしまいそうな時は特に。

メールだからこそ
強気なことを書いてきた人も、
いきなり電話をかけてこられると、
たいていはたじろいでしまいます。

「いや、別に責めてるわけじゃなくて、
 申し訳ない、そんなには急いでないので」
 
といった感じで、いきなり相手から
やわらかい反応が返ってくることも多いです。
 
これを続けていると
「気軽な催促」をしかけてくる人が
確実に激減します。

「○○さんは、
 何でもすぐ電話してくるから、
 あまり気安い催促はしないようにしよう」

と慎重に対応してくれるようになりますよ。

本当は、そういう人に必要な時にだけ
電話をしているだけなのですが(笑)
 
●アクションプラン
・しつこい催促メールをしてくる人、気安くメールで確認してくる人には、電話で返事をする
 
<うつのまんま仕事をこなす技術>
 Day9.
『気安い催促には電話で返事
 
  
<局長 信夫克紀(しのぶ かつのり)著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
信夫局長の本が出版されました
おかげさまで 楽天ブックス売上ベスト10入りしました。 (心理学部門,2017.0706)
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

LinkIcon詳しい内容を見る
 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ