サクサクと作業するタスク管理法

うつのまんま仕事をこなす技術

うつ病を抱えたまま働く人のための仕事術を、1日1個身につけられるワークブック。


Day31.サクサクと作業するタスク管理法

~サクサクと作業するタスク管理法~

重めの仕事ってありますよね。

例えば、企画書の作成や
来期の予算の作成など。

時間がかかるけど、
調子が出ると止まらなくなる仕事。

これをうまくこなす技術です。

だって重めの仕事って、
ハマり過ぎるとあとあと心に良くないですよね。

軽めの仕事がタマってしまい、
懸命にやった割には全体のタスクが減らない。

他にも重めの仕事があると、
残ったタスク量に圧倒されて心もパニックをおこしがち。

特に一日会社にいられて
集中できる時間が充分とれるような時は要注意。

そこで、重めの仕事は

『ビッグマック方式』

でこなしていきましょう。

●パン
電話かけるなど、ハズみをつける仕事。

●肉
企画書作成など、重めの仕事。(メイン)
 
●野菜
交通費の清算など、軽めの仕事です。
 
まずはパンを焼きます。
(ハズみをつける)

次にメインの肉をじっくり焼く。
(メインの仕事に集中)

次に野菜を挟む。
(軽めの仕事でリフレッシュ)

ここまでで1ターンです。

そして、またパンを焼く。
そして肉、野菜、最後にパンで
ビッグマックの出来上がり。

一日をシミュレートしてみると…、

朝電リストの人に電話して
ハズミをつけたら(パン)
本命の企画書作成にとりかかる(肉)。
その勢いを借りて交通費清算と
稟議書作成とメールチェックをこなす(野菜)。

お昼の休憩。

また電話やメールで
エンジンを掛けなおしたら(パン)
企画書を本腰入れて作成し(肉)
その勢いを借りて日報を書き
スケジュール管理をおこなう(野菜)。

最後は今日一日分のメール履歴を書いておくる(パン)。

こんな感じで、仕事のビッグマック完成です。

パン(ハズミをつける仕事)と
肉(重めの仕事)で上向いた調子を
野菜(軽めの仕事)にも活かせるので、
サクサクと作業がはかどります。

最後のパンは電話ではなくてメールにしましょう。
 
帰り際の電話は、余計な仕事が降ってきます(笑)

ただこの方法、
あまり重ねすぎると
ビッグマックではなく
メガマックになってしまいます。

ガラガラと崩れおちてしまいますので、
どうぞご注意ください。
 
●アクションプラン
・今日こなすタスクを、パン(ハズミをつける仕事)、
肉(重めの仕事)、野菜(軽めの仕事)に割り振る。

・パン、肉、野菜、パン、肉、野菜の順に仕事をこなし、
 最後にパンでしめくくる。
 
<うつのまんま仕事をこなす技術>
 Day31.
『仕事で作ろうビッグマック
 
  
<局長 信夫克紀(しのぶ かつのり)著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る