〆切りや催促に追われる時には?

うつをやり過ごす50の方法

うつ病歴10年以上の人が書いた、ツラいうつをやり過ごすリアルな知恵


12.〆切りや催促に追われる時には?

~〆切りや催促に追われる時には?~
 
〆切りや、催促に追われると、
どうしても調子が悪くなってしまいますよね。

私たちうつワーカーは
どうしても「決められたこと」や
「人からの要望」に過敏に反応してしまうようです。

どんどんリキんできて、
冷や汗が出て、息苦しくなってきてしまいます。

落ち着こう、
リラックスしようとすればするほど、
なかなかできなくて焦りが強まってしまいますよね。

こうなったら逆に、
一度、思いっきりリキんでしまいましょう。

しかも
イメージとしては100%ではなく、
120%リキんでみましょう。

といっても、倒れない程度ですよ(笑)

あくまでもイメージの120%です。

呼吸をちゃんとしながらリキむと
安全にうまくできると思います。

そこから力を、
ほんの少しずつ抜いていきましょう。

ほんの少しずつリラックスしていきましょう。

ちょうどいいところで、止めましょう。
 
筋弛緩法のように、
一気に脱力したり何度も繰り返すと、
眠くなって、何もしたくなくなるかもしれません。

ここでご紹介しているのは、
あくまでも仕事中に、
ちょうどいい緊張状態をつくるための方法です。

リキんだあとは、
少しずつ緩めていくのがポイントです。

続けてやるよりも、少し時間をおいて、

「また焦ってきたな」

と気づいた時にやるようにするのがオススメです。

だんだんと、
自然にできるようになって、
焦りに強くなれるますよ。
 
<うつをやり過ごす50の方法>
 その12
『120%リキんでから力を抜く』
 


◆実践のコツ
思いっきりリキんだあとに、少しずつ力をゆるめる、
少しずつリラックスしていく、その加減に意識をむけましょう。

◆使えるシチュエーション
〆切りに追われている時 / 催促をされた時 / 訳もわからず焦っている時 など

◆適用しやすいうつパターン
疲労/恐怖 /憂鬱 / 怒り/
 
 
<局長 信夫克紀(しのぶ かつのり)著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る