HOME | うつ病の病院選び、医者選びのポイント | 名医かどうかを見分ける方法

名医かどうかを見分ける方法

うつ病の病院選び、医者選び

よい病院にかかりたい、名医にかかりたい、失敗したくない。そんな方のために、うつ病経験者が具体的に解りやすく、うつ病の病院選び、医者選びのポイントを解説。


3.名医かどうかを見分ける方法

~名医かどうかを見分ける方法~
 
前回は、
 
名医は、なかなかいない
 
というお話をしました。
 
とはいえ、できるだけ
よい精神科医、よい心療内科医に、
かかりたいですよね。
 
そこで、
はじめてかかるお医者さんが、
 
『名医かどうかを見分けるポイント』
 
を紹介したいと思います。
 
それはとてもシンプルです。
 
名医かどうかを
見分けるポイントは、
 
“あなたが話しやすいかどうか”
 
です。
 
なぜかというと。
 
どんなに
優秀なお医者さんであっても、
 
日本の精神科医、
心療内科医であれば、
治療の内容自体に大差はない。
 
つまり、
 
“出てくる薬は同じ”
 
だからです。
 
日本のうつ病治療の、
主軸となっているのは、今でも、
 
『薬物治療』
 
です。
 
そして、当然のことながら、
国から認可されている、
薬は決められています。
 
そんなに多くはありません。
 
処方できる薬の種類が、
決まっているのです。
 
名医だけが知っている、
 
“奥の手”
 
があるわけではない。
 
つまり、治療方法で、
名医かどうかの差がつくことは、
実はそんなにないのです。
 
差がつくとすれば、
それは治療方法ではなく、
 
『診療内容』
 
ということになるでしょう。
 
診てくれるときの、
態度や話しやすさ。
 
人と人の関係ですから、
これはお互いの相性が
大きく影響するでしょう。
 
言うなれば、
 
そのお医者さんが
名医になるのかどうかは、
 
“あなたとの相性で決まる”
 
と言えるかもしれません。
 
確かに、
 
薬物療法以外の治療方法や、
生活改善を提案してくれる、
筋金入りの名医もいます。
 
ただ、前回書いたとおり、
 
そういう名医は、
ごくわずかしかいないと
思った方が懸命です。
 
だから、大切なのは。
 
出される薬は、
同じなのですから、
 
「どんな薬を出すのか」
 
よりも、
 
「誰が出すのか」
 
ということ。
 
友人の医師から聴いた話ですが、
たとえ出される薬が同じでも、
 
信頼があり人気のある
お医者さんから、
 
「いいお薬があるので、
 それを出しておきますね」
 
と言われるだけで、
患者さんの治りが違うとのこと。
 
だから。
 
筋金入りの名医を求めて、
病院選び、医者選びの迷宮に
入り込んでしまうよりも、
 
『あなたにとっての名医』
 
を探すことが、
現実的だといえるでしょう。
 
次回からは、
そんな自分にとっての名医を
見つけるための、
 
具体的なポイントを、
ご紹介していきます。
 
 
<武田 涼 著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ 

 
┃人間関係が苦手な人のためのビジネススクール
「集団の中で仕事をするのはもう限界」と感じている方のための 「脱世間起業塾」を開講しています。

 
┃しのぶ局長の本が出版されました
おかげさまで 楽天ブックス売上ベスト10入りしました。 (心理学部門,2017.0706)
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

LinkIcon詳しい内容を見る
 
┃うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーであるしのぶ局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
┃読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服したしのぶ局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る