HOME | うつ病の病院選び、医者選びのポイント | 第一印象だけで判断しない

第一印象だけで判断しない

うつ病の病院選び、医者選び

よい病院にかかりたい、名医にかかりたい、失敗したくない。そんな方のために、うつ病経験者が具体的に解りやすく、うつ病の病院選び、医者選びのポイントを解説。


4.第一印象だけで判断しない

~第一印象だけで判断しない~
 
はじめてかかる
精神科医、心療内科医が、
 
自分にとっての名医
 
であるのかどうか。
 
今回は、
それを判断するポイントを、
ご紹介したいと思います。
 
まずはじめに大切なのは、
 
“第一印象だけで判断しない”
 
ということ。
 
あなたとの相性が
大事ではあるのですが、
 
第一印象では判断せず、
少し様子を見ることが必要です。
 
確かに一目で、
 
「この人、苦手だ」
 
と感じるお医者さんもいますよね。
 
見た目が恐かったり、
話し方が暗かったり。
 
さらにその上、無口で、
何のアドバイスもしてくれなければ、
 
いいお医者さんには、
見えないかもしれません。
 
ただ、
ここで判断してしまわずに、
 
しっかりこちらから
質問してみることがポイントです。
 
恐そうで暗くて、
無口なお医者さんでも、
 
こちらから質問をしてみると、
意外と真剣に話を聴いてくれて、
的確なアドバイスをくれる、
 
そんなお医者さんが多いのです。
 
お医者さんも人間。
 
毎日、
あらゆるタイプの患者さんが、
たくさんくるため、
 
『親身に対応する患者さん』と、
『こなすだけの患者さん』を
 
初診で分けてしまうおうとしても、
仕方のないこと。
 
また、
友人の医師に聴いた話では、
 
若い頃には、
アドバイスをしっかりしていても、
 
患者さんからうるさがられたり、
迷惑がられるという苦い経験を踏んで、
 
だんだんと、
自分からは深入りしなくなる
お医者さんも多いそうです。
 
ナイーブですね。
 
だから、
患者さん側からも、
しっかり話をしてみる。
 
そこではじめて、
お互いの相性がわかるわけです。
 
もし、はじめての診察で、
こちらから質問しても、
 
ちゃんと聴いてくれなかったり、
ろくなアドバイスもないのなら、
 
そのお医者さんには、
見切りをつけてしまいましょう。
 
またちゃんと話も聴くし、
アドバイスもくれるけれども、
 
「これさえやっておけば大丈夫」
 
というような
やたらと楽天的すぎるお医者さんや、
 
どこか、
うつ病の患者さんのことを、
 
「心の弱いだらしない人」
「甘やかされて育ったわがままな人」
 
と決めつけているようなお医者さんは、
 
長く通う上では、
好ましくないかもしれません。
 
避けた方が懸命でしょう。
 
そのようなお医者さんは、
ご自身の心がタフなことが多い。
 
いずれ、まったく話が、
かみ合わなくなる時がきます。
 
あなたなら、
そのようなお医者さんは、
ちょっと会話をするだけで、
 
“一撃でわかる”
 
でしょう。
 
でも、
そのお医者さんは、
 
あなたがそう感じたことに、
まったく気がつかないでしょう。
 
だから心がタフなのです(笑)
 
見切りをつけた方が賢明です。
 
第一印象で判断せずに、
こちらから質問をしてみる。
 
そのことで、
精神科医、心療内科医との
本当の相性が見えてきます。
 
次回は、
質問をする際に、
どんな質問をすればいいのか。
 
それについて、
具体的にご紹介したいと思います。
 
 
<武田 涼 著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ 

 
┃人間関係が苦手な人のためのビジネススクール
「集団の中で仕事をするのはもう限界」と感じている方のための 「脱世間起業塾」を開講しています。

 
┃しのぶ局長の本が出版されました
おかげさまで 楽天ブックス売上ベスト10入りしました。 (心理学部門,2017.0706)
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

LinkIcon詳しい内容を見る
 
┃うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーであるしのぶ局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
┃読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服したしのぶ局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る