日曜日のうつ - 週末うつの具体的な対処法

週末うつの具体的な対処法

週末になると憂鬱になる。体を動かすこともできず一日中寝て過ごす。そんな週末うつに悩める人のために、金曜日、土曜日、日曜日と、曜日ごとの具体的な週末うつ対策をご紹介。


日曜日のうつへの対処法

~日曜日のうつへの対処法~
 
週末うつの具体的な対処法
今回は『日曜日のうつ』の
対処法をご紹介します。
 
せっかくの休日なのに、
朝から頭が重い。
体も重い。
 
何の予定もないのに、
不安や緊張につつまれて、
恐怖心すらわいてくる。
 
貴重な休みの時間が、
ジリジリと削られていく感覚に、
ただただ焦るだけで、
 
イライラは臨界点をむかえ、
でも原因もわからずに、
虚しさだけがつのっていく。
 
こんな日曜日のうつに
襲われてしまう大きな要因の一つは、
 
『明日への憂鬱』
 
です。
 
明日は、月曜日。
またつらい一週間が始まる。
 
しかも、
月曜日の朝のつらさときたら、
それはもう耐えがたい苦しさ。
 
それが刻一刻と近づいてくる感覚が、
心を憂鬱にさせてしまうわけです。
 
特に夕方が近づいてくると、
急激に症状が悪化してきます。
 
よく言われている、
「サザエさん症候群」
「ちびまる子ちゃん症候群」
といわれるものです。
 
休日の穏やかな雰囲気と、
月曜日の耐えがたい苦しさ、
 
この落差が激しいだけに、
それを思うだけで、
どんどんと憂鬱になり、
不安になり、怖くなってしまうのです。
 
いったいこのような、
日曜日特有のうつには、
どのように対処したらいいのでしょうか?
 
気休めの気分転換法ではなく、
何か具体策はないのでしょうか?
 
オススメの方法があります。
 
それは、
 
日曜日は、
心理学系のワークショップに参加する、
 
そして、
 
日曜日の夕方は、
カウンセリングや精神科の予約を入れてしまう、
 
という方法です。
 
つまり、
 
日曜日の午後は、
家で一人、不安をふくらませるのではなく、
 
『他人の手』を借りて、
自分の心をケアする時間に
してしまうということです。
 
世の中には、当然ですが、
悩める人がたくさんいらっしゃいます。
 
それに呼応するように、
さまざまな心をいたわるための
ワークショップが開催されています。
 
週末は特に、
多くのワークショップが開催されます。
 
勧誘目的のものや、
怪しいものも多いので、
注意が必要ではありますが、
 
学会などが運営している
心理学系のワークショップですと、
安心して参加できるものが多くあります。
 
参加者は、
カウンセラーになりたい人や、
自分自身が苦しんでいる人など、
さまざまな人がいますが、
 
共通しているのは、
 
「悩みを何とかしたい」
 
という思いを抱えているということ。
 
つまり、
これらの系統のワークショップに
参加する一番の利点は、
 
「悩んでいることを隠さなくていい」
 
という場所を確保できることです。
 
金曜日のうつの回でも
お話ししたとおり、
 
人間は、
 
「自分の苦しみを自分だけしか知らない」
 
という状況にとても弱いのです。
 
だから、
自分が苦しんでいることを、
当たり前のように話せる場所、
 
そんな場所を、
もっともつらい
日曜日の午後に確保することが、
とても大切になってくるのです。
 
ネット上にも、
そんなコミュニティがありますが、
 
PCやスマホの長時間利用には、
電磁波による
セロトニン破壊の心配がありますし、
依存症になりやすい傾向もあります。
 
やはり、
実際に顔を突き合わせて、
話のできる場に行く方がよいでしょう。
 
もちろん、毎週のように、
ワークショップに参加できるわけでは
ないと思いますが、
 
そこで知り合った人と、
以後、日曜日の午後には、
それを乗り越える言葉を
メールやラインなどでかけ合うことができる、
 
そんな関係にも、
恵まれるかもしれません。
 
動かなければ、
何も変わりません。
 
ずっとつらいままです。
 
まずは、
どんなワークショップがあるのか、
実際にネットなどで探してみるのが
いいかもしれませんね。
 
ただ先ほども申し上げた通り、
怪しい団体が勧誘目的で
運営している会も中にはありますし、
 
参加するのに、
数十万円もかかるような、
どう考えても不条理な会もあります。
 
参加する際には、
しっかり見極めて申し込むようにしましょう。
 
また、
カウンセリングや精神科の受診を、
日曜日の夕方に定期的に予約することも、
日曜日のうつの大切な対処法です。
 
もっともつらい
この時間だからこそ、
 
そのつらい気持ちを
聞いてもらえる場所を
確実に確保しておく。
 
家で不安や恐怖を
つのらせるのではなく、
 
プロの手を借りながら、
明日へ向かって心を整理していく。
 
つらい時間を、
癒しの時間に変えることで、
日曜日のうつ自体への
恐怖心を減らしていくことができます。
 
ワークショップも、
カウンセリングも、
精神科の受診も、
 
『他人の手』を
借りる方法です。
 
一人で対処するには、
どうしても限界があります。
 
特に日曜日のうつは強烈です。
 
正面からまともにやり合って、
勝てる相手ではありません。
 
そんな時は無理をせず、
『他人の手』の助けを借りて、
自分の心をケアしていくのが、
現実的な対処法だといえるでしょう。
 
 
<局長 信夫克紀 著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る