仕事のOKがなかなかもらえない時には?

うつのまんま仕事をこなす技術

うつ病を抱えたまま働く人のための仕事術を、1日1個身につけられるワークブック。


Day15.仕事のOKがなかなかもらえない時には?

~仕事のOKがなかなかもらえない時には?~
 
上司やお客様に、
何かを提出した時に、
なかなかOKがもらえない時って
ありませんか?

企画書を書いたり、
デザインをしたり、
会議資料を作ったり。

予定していたよりも、
ものすごい時間がかかってしまって、
結局、夜遅くまで残業。

何回もダメ出しされるストレスと、
なかなか帰れないストレスで、
うつ病の症状が悪化してしまう。

あなたにも、
そんなご経験があると思います。

こんな、一見自分では
どうにもできないようなストレスを
回避する仕事術があるんです。

それは、

『まず120%』

という方法です。

とにかく、相手の要望から浮かんだ
あなたのアイディアやイメージを、
遠慮なく120%盛り込んだものをつくるのです。

なぜなら、
相手の要望どおりのものを作るのに
時間がかかってしまう原因が、
「少しづつ100%にしよう」 という
仕事のやり方にあるからなんです。

つまり、
まず70%くらいのものを提出し、
相手の様子を見ながら
100%に近づけていくので、
時間がかかってしまうわけです。

そして相手も、
そのぼんやりしとた提出物を見ながら
自分の頭の中のイメージを伝えるために

「ああ、このタイトル何か物足りないな。
 もっと20代のOLに刺さるようにしてくれない?」

「この辺のデザインがさみしいな~。
 もうちょっと工夫してよ。」

「うちの社長も見る資料なんだから、
 もう少し社長好みにならない?」

というぼんやりした指示を出してしまうのです。

これを避けるためには、
相手の要望と思える
アイディアやイメージを
120%盛り込んだ状態で、
最初から持っていきましょう。

もちろん、色々指摘されてしまうと思います。

その代わり
明確にどこを削ればいいのか教えてくれます。

「このタイトル、もっと短くして。
 あと、この辺の色づかいもうるさいから全部モノクロでいいよ。
 それとウチの社長、数字よりも絵が好きだから、この統計もいらないよ。」

人間は、足りないものを
表現するのは苦手ですが、
ハミ出ているものを指摘するのは得意なのです。

そして、足りないものを
様子を見ながら継ぎ足して
100%にしていくよりも、
ハミ出ているものを削って
120%にする方が断然早いんです。

経験上、この方法なら、
修正の回数を四分の一以下に
おさえることができます。

一見、相手に
怒られてしまいそうな仕事術ですが、
そんなことはありません。

文句を言いながらも、
簡単に指示で済ませられるので、
なかなか機嫌よく対応してもらえます。

あなたも時間と手間が短縮できて、
ストレスを回避できるだけでなく、
仕事の評価もあげられるでしょう。

提出物は、やりすぎくらいが
ちょうどいいようです。
 
●アクションプラン
・上司やお客様への提出ぶつは、遠慮なく120%の状態で持っていく。

・削って欲しいところを聞き出して、そこを削っていく。
 
<うつのまんま仕事をこなす技術>
 Day15.
『まず120%
 
  
<局長 信夫克紀(しのぶ かつのり)著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
信夫局長の本が出版されました
おかげさまで 楽天ブックス売上ベスト10入りしました。 (心理学部門,2017.0706)
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

LinkIcon詳しい内容を見る
 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ