人に仕事を任せたい時には?

うつのまんま仕事をこなす技術

うつ病を抱えたまま働く人のための仕事術を、1日1個身につけられるワークブック。


Day22.人に仕事を任せたい時には?

~人に仕事を任せたい時には?~
 
さあ、早速三色ボールペンで
メモを取ってくださったあなた。

真面目なあなたですから、
なかなか人に任せることができずに
メモ帳が、真っ赤になってませんか?(笑)

「自分がやること」か
「他人がやること」の判断が
とっさにできないタスクは、
ついつい赤で書いてしまったのではないでしょうか。

これ、私もやっちゃうんですよね。

こんな時は、自分の席に戻ってから
「赤」を「青」に変える作業をしましょう。

「自分のやること」と
とっさに判断したけど、
やっぱり自分じゃなくてもできるなぁ、
というタスクは青で囲みなおしましょう。

例え相手がお客様であっても、
そのタスクがやっていただくのに
妥当なものであれば、
しっかりお客様にも割り振りましょう。

そしてできる限り、自分のタスクを
相応な数に減らしていくのです。

これが、「赤を青に変える」
という作業です。

せっかく色分けしてメモを取ったのに、
こんなところで時間を使ったら
もったいないと思うかもしれません。

でもね、たった一つでも
タスクを人に任せることが出来れば、
「赤を青に変える」作業時間なんて、
あっという間に取り戻せてしまいます。

これが、2つ、3つと
任せることができれば…
と考えると、決して無駄な時間にはならないのです。

自分のタスクを相応な量に保つのは、
うつ病を抱えたまま働く人が、
もっとも身につけなければならない
たしなみの一つだと思います。

そう考えて「赤を青に変える」練習、
どんどんしていきましょう。

はじめのうちは、青のタスクを
結局自分でやってしまうかもしれません。

それでもかまいません。

まずは、メモ帳の上だけでも
他の人に仕事をしっかり任せる癖を
つけていくことが大切なんです。
 
●アクションプラン
・三色でメモをとったら、席にもどって、赤のタスクを見直す

・その中で、自分でやる必要のないタスクは、青で囲みなおす

・青いタスクを、他の人に依頼する

・どうしても頼みづらい場合は、無理せずまずは自分でやり
 少しずつ頼む練習もしていく
 
<うつのまんま仕事をこなす技術>
 Day22.
『赤を青に変える
 
  
<局長 信夫克紀(しのぶ かつのり)著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
<NEW>
信夫局長の出版記念イベント開催します
多数のベストセラーを持つ心理学者でありカウンセラー諸富祥彦教授と、信夫克紀局長との夢の共演が実現です。

LinkIcon詳しい内容を見る
 
信夫局長の本が出版されました
おかげさまで 楽天ブックス売上第6位になりました。 (心理学部門,2017.0706)
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ
 
LinkIcon詳しい内容を見る
 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る