じっくり仕事に取り組めるスケジュール法

うつのまんま仕事をこなす技術

うつ病を抱えたまま働く人のための仕事術を、1日1個身につけられるワークブック。


Day32.じっくり仕事に取り組めるスケジュール法

~じっくり仕事に取り組めるスケジュール法~
 
前回ご紹介した仕事のビッグマックの作り方。

重めの仕事を、
心に負担をかけずにこなすための
スケジュール方法でした。

でも、うつ病の症状がツラい時は、
そう毎日毎日、同じペースで
仕事をこなせない場合がありますよね。

1日、2日で終わらないくらいの
重めの仕事もたくさんあります。

そんな時は、ビッグマックを
1日で作るのではなく、
1週間で作るスケジュールを
組んでみてください。

『週間型のビッグマック』です。

ビッグマックの材料は、

パン・・・ハズみをつける仕事
肉・・・重めの仕事(メイン)
野菜・・・軽めの仕事

でしたよね。

それを
一週間でビッグマックになるように
ならべるのです。

月曜日の昼過ぎまでパンを焼いて、
ハズみがついたら夕方前から肉を焼き始める。

ここで一旦、途中でやめて帰ります。
(理由は、「Day14.禁止する」をご参照ください)

火曜日は、朝から肉だけ焼いて、
水曜日の昼すぎまでじっくり焼く。

水曜日の午後は野菜を挟むだけ。
細かい作業を済ます。

木曜日の朝に
パンを焼いてハズみをつけたら、
午後からは、じっくりと金曜のお昼まで肉を焼く。

午後は、野菜を挟んでパンを焼いて週末へ。

もちろん、合間に細かい作業や、
お客様への対応が入るでしょう。

そんな時も、パンや野菜の時間に
まとめてこなして、焦らずじっくり
メインのお肉を焼く時間を確保しましょう。

コツは、
肉を焼く作業(重めの仕事)を、
一日の途中から始めて、
翌日の途中でやめるように
1週間のスケジュールを組むことです。

ハズみのつく仕事をしてから
取りかかる方が効率があがります。

一旦、
まったく違う種類の仕事をすることで
心もリフレッシュされます。

一日の中でそれを繰り返すのが、
もともとのビッグマック方式の仕事術です。

でも、うつ病の症状がよりキツい時、
一日型ビッグマックだとせわしない、
もっと焦らず仕事のスケジュールを組みたいと、
あなたが感じる場合は。

どうぞ、週間型のビッグマックをお試しくださいね。

 
●アクションプラン
・今週こなすタスクを、パン(ハズミをつける仕事)、
肉(重めの仕事)、野菜(軽めの仕事)に割り振る。

・パン、肉、野菜、パンの順で、1週間のスケジュールに
組み込んでいく
 
<うつのまんま仕事をこなす技術>
 Day32.
『週間型のビッグマックを作る
 
  
<局長 信夫克紀(しのぶ かつのり)著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る