うつ病克服のきっかけ

私がうつ病を克服した経験

私が、いかにしてうつ病を自分で克服したのか。 自らのうつ病克服方法を語る、体験記です。


7.うつ病克服のきっかけ

~私がうつ病を克服した経験~
 

死にたい気分に
何とかさからって生きる日々。

私は、二つのことで
悩んでいました。

一つ目は、
とにかく目の前のうつ症状がつらい
ということ。

二つ目は、
生活習慣全体を変えなければ
この苦しみからは
逃れられないという実感がある。
けれども、いったい何をどう変えればいいのか
まったくわからない、ということ。

私は、関連する情報を求めて
ネットで検索をしました。

そこで偶然、とあるワークショップと
座談会の情報を見つけました。

当時はワークショップというもの自体、
どういうものかわかりませんでした。

ただとても興味のあるテーマだったので、
説明を読んでみました。

あなたの心の調子が悪いのは、
あなたの意思が弱いわけではなく、
生活習慣や体のせいなんですよ。

そう優しく言ってもらえたよう気がして、
とても救われた気分になったのを
今でも、覚えています。

そのワークショップの
説明に書かれていたことは、
私が悩んでいた二つのことと偶然一致していました。

かなり悩みましたが、
この偶然の感覚に後押しされて、
思い切ってワークショップと座談会に
参加してみることにしました。

行ってみると、講師の方が
参加者全員とお話できるように
少人数制で、
全部で6名しか参加者さんが
入らない小さな会場でした。

そのため最初は少し緊張しましたが、
ワークショップの中で交わされた
最初の会話だけで、

「ああ、この苦しみを味わっているのは、自分だけではないんだ」

「何とかしたいともがいているのは、私だけではなかったんだ」

と安心して、その場にいられるようになりました。

そして、みんなと一緒に
習慣を変えるワークに取り組みました。

この方法なら、
自分でも続けられるかもしれない。

心を強くできるかもしれない。

そう思い、継続して学べる方法を
講師の方にうかがったところ、
一対一でコーチングを受けられる
ということを教えていただきました。

この頃私は、
担当の心理カウンセラーさんの
優しさと誠意に応えられず
日々情けない気持ちで過ごしていました。

行き詰っていて、
ワラにもすがる思いでした。

ただ、コーチングというものが
どういうものか解りませんでした。

家に帰って色々と調べてみました。

一般的には、
ビジネスやスポーツの世界で、
自分を高めるためにおこなわれるもののようでした。

ただ、
ワークショップで出会った講師の方は、
心が弱った方を専門にしているコーチでした。

悩みに悩んだあげく、
私はコーチングを受けてみることにしました。

この決断が、
私がうつ病を克服できる
きっかけとなったのです。

 
  
<高木慶子 著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る