初めての精神科受診

私がうつ病を克服した経験

私が、いかにしてうつ病を自分で克服したのか。 自らのうつ病克服方法を語る、体験記です。


2.初めての精神科受診

~私が、うつ病を克服した経験~
 

初めて受診したその病院は、
大きな精神病院でした。

担当の医師は女性で、
とても明るく熱心に話を聞いて
くださいました。

抗うつ薬と抗不安薬、睡眠薬を
処方していただきました。

生活面や仕事面、考え方などの
アドバイスは特にいただかなかったので、
とにかく真面目に薬を毎日飲み続けました。

抗不安薬はとても効果があって、
飲むとイライラや不安が
スーッと落ち着く感じがありました。

食事は、冷凍食品などを
数日分まとめ買いし、
とにかく、寝て過ごす、
休んで過ごすことを自分で心がけました。

1週間に一度通院し、
3週間を越えた頃から、
日中も起き上がって生活ができるように
なってきました。

その間、元の会社の上司が
足湯のできる器械を買って送ってくれたり、
元の職場に席を用意してくれるなど、
熱心に対応してくださりました。

服薬も忘れずにちゃんとおこない、
次第に本を読んだりテレビを見ることも
できるようになってきました。

薬の効果もあったと思いますが、
自分にとって苦しい職場環境に
行かずに済んでいるというのが
もっとも大きかったと思います。

本を読む量がとても多くなったり、
段々と仕事のやる気が出てきて、
職場に戻りたい気持ちが強くなってきました。

その時は順調に回復していると思ったのですが、
今考えると、少しだけ、そう状態に
なっていたのだと思います。

今までどおりの生活に
早く戻したい。

焦るような気持ちで、
会社に復帰したのを覚えています。

今までの分を取り戻すくらい、
熱心に仕事がしたい。

そんな気持ちになっていたのです。

自分では、しっかり療養したおかげで、
前より元気になれたと思っていました。

でも、これが思い違いだということを、
このあと思い知らされることになったのです。

 
  
<高木慶子 著>


局長のメルマガ

『うつから脱け出すレッスン』

<登録無料>


運営者からのお知らせ

 
信夫局長の本が出版されました
おかげさまで 楽天ブックス売上ベスト10入りしました。 (心理学部門,2017.0706)
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

LinkIcon詳しい内容を見る
 
うつ、不安にすぐに役立つ『セロトニン基礎知識』
セロトニンで心が強くなる仕組みから、具体的なトレーニングの方法まで。
セロトニントレーナーである信夫局長が、わかりやすく説明しています。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
読むと心が強くなるコラムシリーズ
重度のうつ病を克服した信夫局長によるバーチャルコーチング。
生きづらさから脱け出し、心地よい人生を手に入れるための大人気のコラムシリーズです。
LinkIcon詳しい内容を見る
 
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ